トップ
ページ
信頼される
お助け隊とは?
お助け隊の
工事事例
運営組織
責任会社
サイトマップ

工事種目:
 瓦、カラーベスト
 コロニアル、スレート材
 金属材料葺き替
 スレート材系屋根の
 復旧工事
 (美観再生工事)
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理・屋根修理
 屋根塗装
 屋根部防水工事
 外壁防水工事
 外壁工事


屋根葺き替え費用の相場、概算価格・工事費用

屋根葺き替え工事にどのくらいの費用がかかるのか? 
その相場は? 葺き替えるのにいったいどのくらいの単位のお金が必要か?
屋根葺き替え費用についてお知らせします。

現在の屋根の上から新しい屋根材料を重ねる
               カバー工法での屋根工事、葺き替え相場

    1: 今の屋根材が、コロニアル、カラーベストなどの場合
    2: 今の屋根材が、金属の場合(トタンなど)
    3: 今の屋根材が、瓦の場合(陶器瓦、セメント瓦など一般の瓦)
    4: 今の屋根材が、上記以外の場合の屋根修理
  ●例としての屋根サンプル
  比較し易いように、工事費は、100uの屋根面積の家にしました。 右の家は、4LDK、2階建て、床面積130u、家族4人がゆったり暮らせる極一般的な住宅です。 屋根面積100u。
このあとの例も同じモデルを使っていきます
   相場を考えるうえでの例題の家
 

屋根修理、葺き替え価格を標準価格や各業者さんの価格、Webでの調査をもとに凡そ算出したものを掲載いたします
この価格はあくまで参考の価格で、実際の価格は業者さんから正式な見積を取ってください。 概算価格です。
 


 

今の屋根材が、コロニアル、カラーベストの場合(スレート材)

    スレート材料の上にガルバリウム鋼板を被せる工法(カバー工法)
  スレート材での概算

  屋根修理の方法:
現在の屋根材が、コロニアルやカラーベストなら、重ね葺き工法(カバー工法)が使えます。屋根の葺き替え工事のひとつ、重ね葺き工法は、今の屋根材(一番上の仕上げ材)を撤去しないので、撤去費用、処分費がいりません。 また石綿(アスベスト)入りの屋根材料を撤去、処分することは専門の業者に頼むことが必要で、費用が増加します。 場合によっては屋根材を撤去することを断る業者もいるほどです。 専門の業者との繋がりがないか、アスベストの処理の仕事に経験がないなどの理由です。 値段が高くなるのでいやがる業者もいます。

  一番したのコンパネ(又は野地板)は20年ぐらいで寿命ですので、現状を見て状態によっては交換になります。 家の立地環境によっては傷みがないこともあり、この場合は交換の必要はありません。 これは屋根屋の判断です。 また屋根には本体の他にいろいろな部材、部品があります(棟、けらば、軒先部材等)、これらは屋根の形、端処理の様子で使う部品の種類が変わってきますので、現場の屋根をみないと正確な価格は不明です。

    スレート材料の上にスレート材を被せるカバー工法(屋根葺き替え)、屋根修理
スレート材onスレート材の金額

  スレート材料の上には、ガルバリウム鋼板が良いのか、スレート材料が良いのか?よく聞かれます。スレート材料は、基本組成がセメントでこれを高圧縮して固めたもので、耐用年数は、15年から20年、再塗装をすれば長く持つと言われますが、あまり期待できません。  スレート材料の劣化は、セメント他の材料が温度の変化(一日の寒暖差、1年の寒暖差)湿度の変化によって劣化しますので、塗装でこれを防ぐことはできません。再塗装はあくまでも美観の問題であって塗装で寿命が延びることはないと思います。 それに対して、ガルバリウム鋼板は金属で、劣化の最大の原因は錆(さび)です。これは表面をメンテすることによって長く持たせるということが可能な材料ではあります。ガルバリウム鋼板の再塗装は美観復活と長寿命化つながります。 耐用年数は、20年から25年ぐらいです。

 

今の屋根材が、トタンなど金属材料の場合(屋根葺き替え)

    既存の屋根材がトタンの場合は、スレートのカバー工法と同じになります。
ただし、トタンの上にトタンは今はあまりやりません。技術的にはできますが、今トタンの需要が少なく、職人さんが極端に不足しています。また材料も手に入り難くなり値段も高くなっているのでお薦めできません。断る業者さんもいます。 ガルバリウム鋼板とか他の金属材料をお薦めします。

 

今の屋根材が、瓦(燻し銀瓦、陶器瓦、セメント瓦など)

  残念ですが、瓦の場合は、カバー工法は使用できません。 瓦を撤去してから
新しい屋根材を施工することになります。 

 

今の屋根材が、その他の場合(屋根葺き替え)


 

今の屋根材を完全撤去しての屋根葺き替え相場

    1: 今の屋根材が、スレートの場合(コロニアル、カラーベストなど)
    2: 今の屋根材が、トタンなど金属の場合
    3: 今の屋根材が、瓦の場合(陶器瓦、セメント瓦など一般の瓦)
    4: 今の屋根材が、上記以外の場合

 

既存のスレート材を撤去して葺き替えの屋根葺き替え工事

     ガルバリウム鋼板での工事概算価格
  スレート材を撤去しての価格

     スレートでのでの屋根工事概算価格
  スレート材撤去の金額2


 

今のトタン材を撤去し、新スレート材の施工

     スレートでのでの屋根葺き替え工事概算価格
    トタン撤去の金額

     ガルバリウム鋼板でのでの工事概算価格
    トタン撤去後ガルバリウム鋼板


 

既存の瓦を撤去して屋根葺き替え(ガルバリウム鋼板使用)

    ガルバリウム鋼板でのでの工事概算価格 
    瓦撤去 ガルバリウム鋼板 

    瓦を新調しての工事概算価格
    瓦撤去 新瓦で  

    既存の瓦を再利用して(葺き直し)の屋根工事概算価格 
             (瓦を新調しない場合は、葺き直しと言います)
    瓦撤去 古い瓦使用    


           Nobilis Works 「屋根葺き替えお助け隊」/copy right all reserved